【かんたん】米国株式インデックスファンド SBI・バンガード・S&P500、楽天VTI、eMAXIS Slim 米国株式を比較

スポンサーリンク

現在先進国株インデックスファンドを主軸に積立投資をしていますが、最近米国株式にも興味がわいたので米国のインデックスファンドについて調べてみました。

調べたのは周りの評判が良い「SBI・バンガード・S&P500」「楽天VTI」「eMAXIS Slim 米国株式」です。

スポンサーリンク

米国株式インデックスファンドかんたん比較

信託報酬 純資産総額
SBI・バンガード・S&P500 0.0938%程度    410.89億円
楽天VTI 0.162% 1,077.24億円
eMAXIS Slim 米国株式 0.0968%以内 1,115.73億円

ざっくりと重要な部分を表にしてみました。

これで見ると記事を書いている時点では信託報酬の低さでは「SBI・バンガード・S&P500」純資産総額の多さなら「eMAXIS Slim 米国株式」がどうも良さそうです。

以下個別に気になったところを書いていきます。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)

信託報酬 (税込)/年

0.0938%程度

ベンチマーク

S&P500株価指数(円換算ベース)

販売会社

「SBI・バンガード・S&P500」は販売会社が現時点では以下の4つなので、これ以外の証券口座では購入できませんので要注意です!

SBI証券
佐賀銀行
岡三オンライン証券
マネックス証券

人気の楽天証券では現在取り扱いが無いので気を付けましょう!

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

信託報酬 (税込)/年

0.162%

ベンチマーク

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(=米国株式全体)

今回比べた3つの中で唯一S&P500ではなく米国株全体をベンチマークとしています。

大手だけでなく、中小のアメリカ企業にも投資したい方に向いています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

信託報酬 (税込)/年

0.0968%以内

ベンチマーク

S&P500(税引き前配当金込/円換算ベース)

ベンチマークは「SBI・バンガード・S&P500」と同じS&P500で信託報酬も近似しています。

eMAXISシリーズは同じようなファンドが出てきたら手数料最安値をうたっているので、今後にも期待が持てます。

取り扱い証券会社も豊富です。

スポンサーリンク

米国株式インデックスファンドどれが良いのか?

あくまで私の考えですが、購入優先順位は

・1位は信託報酬が最安値の「SBI・バンガード・S&P500」

・続いて信託報酬も安く純総資産額も大きい「eMAXIS Slim 米国株式」

・米国株全体に投資したい方は「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)」

となりました!

米国株式インデックスファンド選びの参考にしていただけたら幸いです。

また、上記の情報は記事制作時のものですので、投資されるときは各ファンドの情報の再チェックを各自よろしくお願いします^^

スポンサーリンク